沿革

沿革

昭和50年/1975 株式会社山田ドビー販売として株式会社山田ドビーより分離し、同社の製造するプレス機械の設計、関連機器の開発設計
製作、販売を主業務とする。
昭和52年/1977 社名を株式会社山田プレス販売と改名め、プレス機械
プレス関連機器の設計、製作、販売に専念。
カムトラン(ロールチェンジ方式、ギヤーチェンジ方式)開発。
昭和53年/1978 Sシリーズ 40S開発。
S字ルーパー開発。
Cシリーズ 45C開発。
第9回大阪国際工作機械見本市出品。
昭和54年/1979 Sシリーズ 80S開発。
Cシリーズ 25C開発。
昭和55年/1980 Sシリーズ 60S開発。
昭和57年/1982 Uシリーズ U40開発。
高速NCフィーダー開発。
昭和58年/1983 Uシリーズ U60開発。
昭和59年/1984 カムトラン生産台数1000台達成。
Uシリーズ U60L開発。
株式会社アイシスと改名。
昭和60年/1985 Uシリーズ U80開発。
昭和62年/1987 プレス生産台数1000台達成。
カムトラン生産台数1500台達成。
平成01年/1989 グリッパーフィードGF608開発。
Nシリーズ N40開発。
本社機能をより充実させるため、本社を新木工場へ移転。
平成02年/1990 Sシリーズ G125S開発。
U80Ⅱタンデムラインシステム開発。
プレス生産台数1500台達成。カムトラン生産台数2000台達成。
平成03年/1991 アフターサービス向上のため、株式会社アイピーエス設立。
DMシリーズ DM25開発。
平成04年/1992 Eシリーズ 30E開発。
Sシリーズ 125S開発。
平成06年/1994 U80Ⅱトリプルラインシステム開発。
U80Ⅱ半導体市場受注実績トップクラスに成長。
プレス生産台数2000台達成。
平成08年/1996 Uシリーズ U40L開発。
Uシリーズ U80LF開発。
平成10年/1998 Uシリーズ U30EXX開発。
Uシリーズ U80P開発。
Uシリーズ U80Ⅲ開発。
サーボプレス INN50開発。
平成12年/2000 UシリーズU60Ⅱ開発。
Uシリーズ U40Ⅲ開発。
高速プログレッシブトランスファープレスKIT20開発。
平成13年/2001 Sシリーズ 60SS開発。
平成14年/2002 Sシリーズ 80SS開発。
Sシリーズ 100S開発。
VIVO 20-2000開発。
Uシリーズ U10EXX開発。
DMシリーズ DM25W(ダブルクランクタイプ)開発。
DMシリーズ DM10WS(ダブルクランク高速タイプ)開発。
平成15年/2003 CWシリーズ U30CW開発。
Nシリーズ N40Ⅱ開発。
平成16年/2004 上海連絡事務所開設。
高速プログレッシブトランスファープレス KIT40Ⅱ開発。
PLENOX 80-16開発。
創立30周年を迎える。
平成17年/2005 PLENOX 60-13開発。
PLENOX 100-16開発。
Sシリーズ 100SS開発。
平成18年/2006 PLENOX 60-9開発。
PLENOX 80-11開発。
VIVO 30-1800開発。
平成19年/2007 PLENOX 80-13開発。
DMシリーズ DM40W開発。
平成20年/2008 高速プログレッシブトランスファープレス KIT160開発。
平成21年/2009 Nシリーズ N30開発。
平成22年/2010 PLENOX220-20(4クランクタイプ)開発。
平成23年/2011 PLENOX220-22(4クランクタイプ)開発。
PLENOX125-13(3クランクタイプ)開発。
平成24年/2012 PLENOX160(4クランクタイプ)開発。
DMシリーズDM15Ⅱ開発。
プレス生産台数4000台達成
平成25年/2013 Sシリーズ110S開発。
平成26年/2014 MS04サーボプレス開発。HS10横型サーボプレス開発。
創立40周年を迎える。
平成27年/2015 Nシリーズ N30開発。SシリーズG110S開発。
DMシリーズDM15Sサーボプレス開発。
平成28年/2016 PLENOX160-16(3クランクタイプ)サーボプレス開発。
NシリーズN60W開発。
平成29年/2017 Sシリーズ80SW開発。SシリーズG160S開発。

 


Translate »